痛みの場所と原因

sp_tel.png

使いすぎ、不用意な動きのほか、事務仕事など同じ姿勢を長時間続けるなど、思いもよらない原因があります。
加齢により慢性的な痛みがある場合もあります。

肩、首、背中の痛み

肩の痛み・肩コリ

肩の痛みや肩コリ(周囲がこわばる)も様々な症状があります。

  • 眼精疲労による肩の痛み
  • 長時間同じ姿勢を取ることで出る痛み
  • 交通事故の首のケガに由来する痛み
  • パソコンなど前かがみの姿勢ででる痛み
  • 重いものを持つ(腕に力を入れる)と出る痛み
  • 一定の方向(後ろ側など)に動かすときにでる痛み
  • ストレスからくる肩こり(重だるさ)
  • 肩関節周囲炎といわれ、夜中に疼き肩が動かなくなる(四十肩・五十肩)
  • 寝違い

腰の痛み

最近では、体重の増加、洗面など生活の中の姿勢、多くの運動中などに「痛みの原因」が潜んでいます。
背筋や腹筋など他の部位の筋肉を鍛えることで、痛みの予防になります。

  • ぎっくり腰
  • 椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • ゴルフ・野球などでひねった時
  • 足元のものを拾うときにかがんだ時
  • 重いものを持った時
  • 体幹と股関節と足関節の筋バランスが崩れてでる腰の痛み
  • 朝起きると腰が痛い
  • 仰向けに寝られない

腰の痛みは体の歪みからくることがほとんどです。

自分の体のバランスを確認しましょう!≫詳しくはこちら
歪みを感じているから姿勢矯正・骨盤矯正をしたい!≫詳しくはこちら

ひざの痛み

使いすぎ、加齢により関節内の軟骨が減って起こる痛みなど様々です。

  • ジャンパー膝
  • オスグット病
  • 登山・ウォーキング時に痛む
  • ひざ関節の痛み
  • ひざが曲がらない
  • 肥満によって体重の負荷からくる痛み

腕、肘、足首、手首などの関節の痛み

使いすぎで炎症を起こしている場合が多く見られます。
毎日使う部位なので、年齢による不調を訴える方も増えています。
特に腕は外傷だけでなく使い過ぎによる痛みもあります。
定期的なメンテナンスで、ダメージが減らせる部位です。

腱鞘炎や肉離れ

使い過ぎで痛みやだるさを感じているのに、さらに使い続けることでなると言われています。
指・手首・手からひじまでの腕の痛みで、家事や事務仕事でもなることがあります。

テニス・野球肘などスポーツに由来する痛み

握力がでない、しびれるなどが主な症状で、熱を持つことも多いです。
放っておくと、慢性化し痛みが取れなくなる可能性があります。

手・指

  • 手首が回らない
  • 全体的にだるい
  • 突き指
  • 手をついて手首が痛い

「慢性の痛み」について

慢性の痛みの特徴

  • 「重だるい感覚」「なんとなく痛い」「いつもこわばっている」など
  • 何回も繰り返し起こる。少し動くとすぐ再発する。定期的になってしまう。
  • 寒い時期や季節の変わり目につらくなる。
  • 何もしてないのに痛くなる。
  • 日常の姿勢や、過去のダメージが原因になっている場合が多いです。
    しかし本人の記憶がはっきりしないなど、原因に確証がないものも多いです。

院長の一言ブログ

患者様の声

スタッフブログ

TEL:058-246-0808